So-net無料ブログ作成

BEAST、ビザ問題で羽田空港で8時間待機・・・イベント出演中止に <110816映画「シャンハイ」(20日公開)の特別試写会を急きょキャンセル> [ ・・BEAST 비스트 B2ST・・ CUBE]

 韓国6人組ユニットのBEASTが、16日午前中に羽田空港に到着したもののビザ問題が発生。
日本に入国できず、出席予定だった映画「シャンハイ」(20日公開)の特別試写会を急きょキャンセルし韓国に帰国した。

 

◆ 外交通商部、日本の韓国アイドル入国拒否に注目 ◆

【YONHAP NEWS 2011/08/19 11:57】

【ソウル聯合ニュース】韓国の6人組アイドルグループBEASTが、ビザ問題で日本に入国できなかった問題と関連し、韓国の外交通商部が日本側の動きを注視している。

 日本側は「単なるビザ問題」と説明しているが、韓国政府が日本の自民党議員らの入国を拒否した直後に発生した、韓国著名人に対する日本の初の入国拒否事例だからだ。

 政府当局者は19日、「韓国政府が日本議員の入国を拒否して韓国に対する日本国民の感情が悪化した。こうしたムードが反映され、今回の事態が発生したような気がする」と話した。

 これは日本政府レベルの積極的な行政力行使とみることはできないが、韓国に対する日本内の感情悪化で、より厳格なビザ審査などの手続きを取ったのではないかと認識しているといえる。

 自民党の稲田朋美議員は日本メディアへの寄稿文で「韓国のように竹島を韓国領土と主張する韓国政治家の入国を拒否できる」と主張した。また、8日には東京都内で「韓流」に反対する集会が行われたこともあった。

 一方で、今回の入国拒否を「偶然の一致」とみる声も少なくない。

 韓国与野党代表の独島訪問が気象悪化で中止された上、李明博(イ・ミョンバク)大統領も、日本植民地支配からの解放記念日となる光復節(8月15日)に、独島問題に対する立場を原則的なレベルにとどめ、両国間の緊張が緩和しつつあるためだ。

 日本側も防衛白書以降は特異な動きがなく、こうしたムードづくりに寄与している。日本外務省の職員に対する大韓航空機の利用自粛指示も、当初の予定通り1カ月間実施され、このほど終了した。

 こうしたなか、外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長が今月末に来韓すると伝えられた。プライベートな訪問とされるが、韓日当局者間の会合も行われると予想される。 
 
 

◆ 「BEAST」の入国拒否「興行ビザ問題で、その他要因はない」」 ◆

【WoW!Korea & YONHAP NEWS 2011年8月19日10時30分】

 韓国アイドルグループ「BEAST」の入国を拒否したことについて日本側は、「政治的な問題ではなく、ただ書類上の問題なだけ」と説明した。

 日本の政府関係者は18日、聯合ニュースの問い合わせに対し、「今回の事案は、両国間のビザ免除協定の対象に該当しないと判断しただけで、(韓国の)一部が誤解しているような『政治的復讐』や『韓流スターの入国手続きの強化』とは関連がない」と明らかにした。

 入国を拒否した東京入国管理局羽田空港支局の関係者も第三者を通じて、今回の事案の経緯を説明した。
 
 要旨としては 「『BEAST』は、6月にもビザなく(日本に)入国しようとしたが問題になり『次からは興行(公演)ビザを取得する』と約束していた」とし、「今回には、あらかじめ興行ビザを申請したが、契約書が抜けていたために発行出来なかった。それでもビザなく入国しようとしたため、そのまま帰国させた」 とのことだ。

 これに対し 「BEAST」の所属事務所であるCUBEエンターテインメント関係者は「報酬を受け取らないにして、日本に行く前にユニバーサルミュージックジャパンに『ビザなしで行ってもいいのか』と尋ねたところ、大丈夫だと返答ししてきたため、その言葉を信じた」 と語った。

 ユニバーサルミュージックジャパンの関係者は「『BEAST』を招待した会社は別にあり、この会社がビザの申請をすると話していた。しかし、コミュニケーションの問題があったようだ」とし、「BEAST」を招待した会社が興行ビザがなくても入国することが出来る、と判断した理由や、報酬(ギャラ)の有無については、不確かだったという。

 また、今後の対応については「私たちが(芸能人を)直接招待する側でなくても、必ず興行ビザを受けるように手配する」と付け加えた。

 日本は、韓国人が観光目的で日本を訪問する場合90日間ビザがなくても滞在することができるが、報酬など収益が発生する場合、どの国の国民にも興行ビザなどを要求している、と日本の外務省関係者は説明している。

 先立ち「BEAST」は16日に東京を訪問し、「BEAST」の曲がイメージソングとして使用された映画「シャンハイ」のプレミアム試写会に出席する予定だった。しかし、羽田空港から入国拒否された。これに対し韓国の一部では「韓国が、日本の自民党議員の入国を拒否したことに対する報復ではないのか」などの推測が提起されていた。
 

 
◆ 入国拒否されたBEAST興業ビザなかった ◆

【Daily Sports Online 2011年8月18日】

 韓国の男性6人組「BEAST」に入国許可が下りず、韓国に引き返すトラブルがあったばかりの東京・羽田空港に17日、韓国の人気スター、チャン・グンソク(24)が来日。投げキッスとグンちゃんスマイルに集まった800人のファンは歓喜した。一方、BEASTの“入国拒否”は、日本で芸能活動を行う際に必要な興行ビザを取得していなかったことが原因だったことが明らかになった。

 韓流ブームが過熱し、来日するK‐POPグループが激増する中で、ビザ問題が起こった。

 入国許可が下りなかったのは、BEASTが興行ビザを取得していなかったことが原因だったことがレコード会社などへの取材で17日、分かった。また、複数の韓国紙によれば、日本でのマネジメントを請け負うユニバーサルミュージックが、今回のイベントはコンサートなど出演料が発生するものではないと判断して、BEASTの所属事務所に「ビザの取得は必要ない」と伝えたとしている。

 ユニバーサル‐は17日、「今後はこういうことがないように注意します」とコメントした。

 BEASTは16日午前11時ごろに来日し、イメージソングを歌った映画「シャンハイ」の試写会に出席して日帰りで帰国する予定だった。しかし、羽田空港の入国審査を通過できず、空港で約8時間待機。イベントには出席できないまま、当初の帰国予定便(午後8時20分)に乗り、離日した。

 韓国の音楽事情に詳しい業界関係者は「韓国に限らず、海外のアーティストが作品のPRや単発的なテレビ出演などでの来日では、以前からビザを取得しないことは多かった」と明かす。興行ビザなしでの来日が多かったというが、韓流ブームが過熱する中で、日韓双方の入管当局が事態を重くみたと思われる。前出の関係者は「今年5月くらいから入国審査が厳しくなり、何時間も契約書を確認する例が増えてきた」と話す。

 BEASTは20日に新潟市で行われる合同ライブに出演するため、19日に再来日予定。同ライブの主催者によれば「興行ビザは取得している」という。

 

◆ BEAST、F・CUZ…相次ぎ入国トラブル ◆

【スポニチ 2011年8月17日 06:00】

 韓国の男性6人組「BEAST」と男性4人組「F・CUZ(フォーカズ)」が16日、羽田空港の入国審査で相次いで入国を拒否されるなどのトラブルに遭った。 

 単なるプロモーション活動を目的としたものであれば観光ビザで入国できるが、利益の発生するイベントなどの場合は興行ビザが必要とされる。

 関係者によると、2組は午前11時すぎに同じ便で到着。

 BEASTはイメージソングを担当する映画の試写会出席が目的。来場者は抽選で選ばれ入場料の発生しないイベントだったが、入国を拒否された。
興行ビザが必要なのに観光ビザでの入国を繰り返してきたとされ、入管当局がこれを重くみたとみられる

 F・CUZはCD購入者を対象にしたイベントのための来日。興行ビザが必要と判断されたが、最終的には入国を許可された。この日予定されていたイベントは中止され、17日に振り替えられた。



◆ BEAST、ビザ問題で羽田空港で8時間待機・・・イベント出演中止に ◆

【Kstarnews 08月16日22時】

BEASTが日本でビザ問題が発生、日本に入国できず、予定されていたプロモーションを中止し、韓国に帰国した。

BEASTの所属事務所キューブエンターテインメント側は16日午後9時20分頃、「BEASTは16日午前、日本の羽田空港に到着した後、入国審査を通過することができず、約8時間空港で待機していた。その後予定されていたスケジュールを全面中止し、午後8時頃韓国に戻って来る飛行機に乗った」と伝えた。

キューブエンターテインメント側は、「日本でBEASTのアルバム流通を担当するユニバーサルミュージックジャパンのレーベルとスケジュールおよびビザの制限事項を事前に確実に調節した何の問題もないと事前に知らされていた」と話した。  (???)

続いて、「今回空港での待機状況について、日本のレーベル側に正確な問題点を問い合わせ、詳しい事項を把握している。今後の日本での活動に何も問題がないように、さらに準備に力を入れる」と話した。 (???)

当初BEASTは10日に発売された日本正規1stアルバム『SO BEAST』のプロモーションの一環としてこの日来日し、韓国に戻る予定だった。

BEASTはこの日アルバムタイトル曲『FICTION』がイメージソングとして使われている映画『シャンハイ』の東京プレミア試写会に出席し、サプライズイベントに参加する予定だったが、結局これを中止して韓国に戻ってきた。
提供:
〔KSTAR NEWS&Moneytoday Starnews〕



◆ BEAST空港足止めでイベントキャンセル ◆

【日テレnews 2011年8月16日 22:13】

 韓国6人組ユニットのBEASTが16日、出席予定だった映画「シャンハイ」(20日公開)の特別試写会を急きょキャンセルした。

 BEASTは同作のイメージソング「FICTION」を歌っており、サプライズゲストとして出演予定だった。

  関係者によると、同日午前中に羽田空港に到着したものの、入国審査でトラブルが発生。メンバーは入国せず、そのまま帰国したという。

 同日ファンイベント開催が予定されていた韓国の男性4人組ユニットのF.CUZ(フォーカズ)も、同様に入国審査トラブルでイベントを中止している。

 舞台あいさつには俳優の渡辺謙(51)、菊地凛子(30)が出席。渡辺との初共演に、菊地が「世界を舞台にしている方。一緒にやらせてもらって、謙さんのトライする姿勢は非常に勉強になった」と感激すると、渡辺も菊地の実力を評価し、「いろんな監督と仕事をしているという事で、やっぱり鍛えられている。集中力を保つ、俳優の体力みたいなものを鍛えられていると思った」と語った。

 太平洋戦争開戦前夜の激動の上海が舞台。渡辺は「困難な状況でも命を紡いでいこう、必死で生きていこうとしているドラマ」と内容を解説し、「今年、非常に日本全体が揺らいでいます。社会情勢、価値観、いろんな変化を余儀なくされている。でも、困難な時代でも何かを乗り越えて生きていこう、そういうものにつながるような映画になったと思います」と東日本大震災でダメージを受けた日本への応援を込めた作品と語った。



◆ F.CUZ入国トラブルでイベント中止 ◆

【日テレnews 2011年8月16日 21:48】

 韓国の男性4人組ユニットのF.CUZ(フォーカズ)が16日、東京・青海のお台場ヴィーナスフォートで開催予定だった日本初シングル「NEVER LET YOU GO」(17日発売)のリリース記念ファンイベントを急きょ中止した。

 午後2時からスタートのはずだったが、予定時刻を約15分経過した時点で関係者が「実は、羽田空港の入国手続きでメンバーがストップしておりまして…」と入国審査のトラブルにより、開始が遅れている事を説明した。

 関係者によると、同イベント出演のため来日したメンバーは午前11時ごろ羽田空港に到着。午後0時30分には会場に着く予定だったが、入国審査の際のトラブルで、空港で足止め状態になった。原因について詳しくは明かさなかったが「書類は不備はないはずだし、こんな事態は初めて」と困惑しつつ語った。

 約170人のファンは、同所周辺で約4時間メンバーの到着を待った。午後6時に主催者側が「何時に入国できるか分からないため」として、イベントの中止を発表したが、待ち続けたファンからは「何で?」と困惑の声とブーイング。その場で号泣する者も続出した。

 メンバーは審査に約7時間を要し、午後6時45分ごろに入国の許可が下りたという。17日の午前11時30分より、同所で振り替えイベントが開催される。



◆ BEAST謎の空港足止め 試写会ドタキャン ◆

【テレ朝news 08/16 20:11】

韓国の6人組グループBEASTが16日、入国の手続き上のトラブルのため、同日都内で予定していた映画「シャンハイ」の完成披露試写会への出席を急きょキャンセルした。

所属レコード会社の説明によると、BEASTはきょう午前11時過ぎに羽田空港に到着。
しかし入国審査の手続きで問題が発生したため足止め状態になった。
試写会は午後6時15分開始だったが、午後4時半頃に出席できないという連絡が映画配給会社にあった。
元々日帰りの予定だったが、入国せずに帰国したという。
レコード会社のスタッフは「数十回来日しているが、こんな状況は初めて」と困惑気味。
BEASTは同映画のイメージソングを担当しており、試写会ではプロモーションビデオが上映された。

観客にはBEASTの出席は事前にアナウンスされていなかったため、大きな混乱はなかった。
今後は、20日に新潟県内で行われるライブイベントのため来日予定という。



◆ BEAST、手続きトラブルで入国できず   ◆

【Daily Sports 2011年8月16日】

 韓国の6人組ユニット・BEASTが16日、出席予定だった米中合作映画「シャンハイ」(20日公開)の試写イベントを欠席した。

 関係者によると、入国手続きでトラブルがあったため、羽田空港に到着したものの入国できなかったという。

 もともと1日限りの滞在で、この日中に出国する予定だった。グループは同作のイメージソングを担当し、都内で行われたイベントに出演俳優の渡辺謙、菊地凛子とともに出席予定だった。



・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・



K-POP All Star Live in Niigata(MBC) 東北電力ビッグスワンスタジアム 110820

UNITED CUBE in JAPAN 日本武道館 110825

K-POP MUSIC FESTIVAL 2011 IN KAGOSHIMA 桜島多目的広場野外ステージ 110910

ジャパン・ファーストアルバム「SO BEAST」スペシャル・イベント 東京(110916)・ 大阪(110917)



・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・


BEAST   Cube Entertainment
F.CUZ  CAN ENTERTAINMENT


・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・


<8月17日(水)・18日(木) さいたまスーパーアリーナ 「JYP NATION in Japan 2011」>

  8月16日 午前11頃 羽田空港 入国 ・・・ JYPパク・ジニョン社長、2AM、Miss.A ほか


・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・

<予定>
『シャンハイ』舞台挨拶付き特別試写会
日時:8月16日(火) 開場 17:45 開演 18:15 (舞台挨拶終了後、上映開始)


・・・・・・・・・・



◆ 初共演の渡辺と菊地が「シャンハイ」舞台挨拶に登場、
                    イメージソング担当のBEASTは欠席 ◆

【woman infoseek 08/16 20:40】

サスペンス大作映画「シャンハイ」の特別試写会が都内にて行われ、ハリウッドでの活躍も目覚ましい渡辺謙と菊地凛子、そしてミカエル・ハフストローム監督が上映前の舞台挨拶に出席した。

本作のイメージソングを歌うことになったK-POPのBEASTもゲストとして参加する予定だったが、残念ながら欠席となり、「FICTION オーケストラバージョン」のPVが流された。

本作は、1941年、太平洋戦争勃発前の上海を舞台に、豪華俳優陣の競演で、アメリカ諜報部員・コナーの死に隠された男女の運命に挑む愛を描いたサスペンス。同僚の殺人事件の謎を追う米国諜報員のポールにジョン・キューザックが扮し、渡辺は日本人将校タナカ、菊地はポールの親友でもある同僚コナーの恋人スミコを演じている。中国裏社会のドンであるアンソニーにチョウ・ユンファ、彼の美しい妻でありながら革命家としての顔を持つアンナにはコン・リーと豪華キャストが顔をそろえている。メガホンを取ったのは、映画「ザ・ライト -エクソシストの真実-」のミカエル・ハフストローム。

本作を、壮大なラブサスペンスと紹介した渡辺は、自身の役を振り返り、「今回は、こういう奴が家にいて欲しくないと思うような役でした」と苦笑したが、「心の奥に抱えている様々な想いを受け止めていただければ…」とコメントした。渡辺は、ジョン演じるアメリカ人を執拗につけ狙う日本軍大佐を演じており、サスペンスを盛り上げるのに一役買っている。

「私にとって思い入れの強い作品となりました」と挨拶した菊地は、激動の時代に生きる女性を演じているが、「劇中のキーを握る日本人女性の役で、集中力のいる役でした。でも難しくてもやりがいのある役でした」と持ち前のガッツを見せた。大胆に肌を露出した姿を見せるなど、まさに渾身の演技で見事に演じきっている。

2人は初共演となるが、菊地は「やっぱり世界を舞台にしている方、何でもトライしてみようとする姿を見て学ばせてもらった」。一方、渡辺は「いろんな国でいろんな監督と仕事をしているので鍛えられている人という印象を受けた」とお互いの印象を語った。

今回が初来日となったミカエル監督は、撮影にあたって、当時の上海の雰囲気を出すのに苦労したと明かしたが、「記憶に残る作品となった」と自信たっぷりにアピール。2人の印象については、「2人とも僕と同じでファニーな性格。ダークな題材の作品だけれど、現場は楽しかった。苦労もあったけれど特別な作品になったよ」と2人に感謝した。

最後に渡辺が「昨日は終戦記念日でした。日本は困難な時代ですが、乗り越えて生きていこうという今につながる映画になったと思います」と観客に向けてメッセージを伝え、締めくくった。

スクリーンで観るに値する壮大なスケールに仕上がった本作。渡辺、菊地のほかジョン・キューザック、チョウ・ユンファ、コン・リーが豪華共演を果たしている。見事に再現された1941年の上海の街並みや豪華な社交場の場面も見どころの一つ。映画「シャンハイ」は8月20日より全国公開。






◆ ハリウッド発!米・中・日のサスペンス超大作に 
       次世代韓国アーティストの大本命「BEAST」が参戦決定!  ◆

【シャンハイ公式サイト 6.22(wed)】

映画『シャンハイ』に、“野獣系K-POPグループ”として人気を博しているBEAST(ビースト)が
イメージソングとして「FICTION オーケストラバージョン」を提供する事が決定致しました。

歴史という激動の波に翻弄されながらも本当に大切なものを守り通した、本作に登場する男の強さと優しさが、
BEASTが持つイメージと楽曲の美しさが見事に合わさり、本作の予告編(6/25より一部を除く劇場にて解禁)や
テレビスポットなどに使用することとなりました。

ハリウッド作品としてアジアの歴史とドラマを描いた本作。
日本、中国に続いて韓国の要素を加えることで更なるアジアの魅力を放つことが期待されます!

BEAST
[BEAST]

日本デビューシングル「SHOCK」はオリコン週間シングルランキングにおいて
日本を除くアジアのグループのデビューシングル史上、初登場最高位である2位を記録した。
また、6月15日に発売したセカンドシングル「BAD GIRL」は初登場3位、
二作連続TOP3入りを記録。またレコチョクでのランキングでは
韓国のアーチストによる史上初となる、デビュー作からの2作連続1位を獲得した。
6/14に新宿でおこなったサプライズライブは全くの告知なしにも関わらずファン5000人が集結。
‘野獣系’KPOPグル―プとして、次世代のトップを走っている。

BEAST「FICTION」が聴ける予告編は、近日こちらの公式HPでも解禁予定です!


コメント(0) 
共通テーマ:芸能

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。





メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。